2019年3月17日 (日)

雨の中ウォーキング

20190317_132420_burst01

正しくはウォーキング中に強い風雨に見舞われたという事。いつものヤサホーパークから温泉街を通って線路の横を抜けてここに来る。旧浜村という所。手前にちょろっと見えるのが浜村川で我が家の前の川と同じ。右側の橋をぐるっと回ってこの階段の下に来る。この辺りで突然の風雨となった。逃げ場が無いので仕方なく階段を一気に上がったが、140段は正直きつい。普段は2回ほど休みながら上がるのだが、今日はへろへろになった。頂上がヤサホーパークで360度見渡せる。この階段は東側になる。いつもは足湯に浸かるのだが今日はそれどころではない。完司さんがブログに書いておられたが、毎月何がしかの川柳の締め切りがあるが、時々うっかり忘れる事がある。早め早めに出すようにしているので、川柳塔WEB誌上大会は投函しておいた。「はばたき」と「松江」はぼちぼち作り始めている。

2019年3月10日 (日)

集落敬老会

20190310_133912_burst01
左は我が家。庭は正に猫の額。水路分は狭まった感じである。川は勝谷川で、浜村温泉をかすめてR9を潜り日本海に流れる。右の建物が集落の集会所で、今日はここで集落敬老会があった。参加資格は数え年65歳以上。新入会員は1人なのだが、該当者は昨年と同じ31名。最近は僕の年下が多く参加するようになり賑やかい。近隣では聞かない行事だ。昨年もそうだったが、孫のブラバンの定期演奏会と重なってしまった。僕は役があって抜けられなかったので、妻だけが中退して鳥取に出た。高齢者はドンチャン騒ぎをする訳でもないので、皆さん行儀よく1時間半ほどでサッと切り上げた。

2019年3月 3日 (日)

みか月3月例会

20190303_161605_burst01_1

今日は、みか月3月例会の日。予てより連絡を頂いていたが、出雲から熊四郎さんと七七さんがお見えになった。二時間半かけてわざわざお出でになったので恐縮至極。目的は「はばたき川柳会」の誌上大会の件なのだが、それにしてもその熱意には感服だ。お陰で久し振りに出席者が20人になった。この1ショットは、会が開けたあとでお馴染みの喫茶「あすなろ」での有志によるコーヒーブレイク。こういう所は好幸さんが賑やかしてくれる。色々な話で盛り上がったひとときであった。今日の入選句は
  「ぴったり」   マイナスの僕にプラスの妻がいる
  「仰ぐ」      人間も猿も最後は天仰ぐ
  「路地」     路地の隅また揉めているゴミ屋敷
  「卒業」     この歳でワルを卒業していない        ほか            
来月からは都合により金曜日の開催になる。 

2019年2月24日 (日)

うぶみ川柳会月例会

20190224_150101

今日はうぶみの月例会の日。朝から好天に恵まれて気持ちが良い日だった。1時ちょっと前に到着した。顔ぶれはいつもの感じ。お客様が沢山見えて賑やかい。完司さんのところの「大山滝句座」が、県川協に加入してくださるとの事で、嬉しい限りでとても心強い。楽しい句会であった。今日の入選句は
   「暖かい」  ピンポンと鳴る暖かい春の音
   「ぞくぞく」  終活にぞくぞく若い頃のゴミ
   「黙る」    大根の白さにオバちゃんは黙る
   「丁重」   丁重に扱え彼は起爆剤                   ほか




2019年2月18日 (月)

またまたヤサホーパークへ

20190218_134238
14日は勝谷公民館川柳、15日は県川協の評議員会があり、昨日は県大会の仕事を少し。実行委員長に推されたので段々忙しくなる。今日は久し振りにヤサホーパークに出掛けた。これは海の反対側で、遥か彼方に見えるのは標高921メートルの鷲峰山。この麓で小中学校の同級生とよく遊んだ。手前の家並みから気高町になるのだが、この辺りが浜村温泉になる。緑の建物は「ゆうゆう健康館」といい、右端の白いのが旅館「魚と家(ととや)」でこの裏が浜村駅になる。
20190218_135416_hdr
公園を一回りして、と言っても高台なので息が切れる。いつもの足湯へ浸かったが、今日は何時になくぬるい。風が冷たいのと、モアイの横の穴ポコからの湧出量が普段より少ないのが原因と思われる。気温は10度だったが、久しぶりの好天で気持ちが良かった。

2019年2月 3日 (日)

みか月2月例会

20190203_144200

今日はみか月の例会日。新年句会は賑やかだったが、今日位がいつもの人数だ。大いに助けてくれている同級生のY君、I君とY君の高校の同級生O君の顔も見える。最近参加するようになった人もあり、楽しくやっている。披講の前に、4月から日曜日が閉館になるので、どうするかという話をした。会場を変えて今迄通り日曜にするか、会場はここで、曜日を変えるかという二者択一である。結果、ここでやる事になった。曜日は第2金曜日に決まった。勤め人が一人もいないので、こういう事が可能になる。これが参加者増につながらないかなと虫のいい事を考えている。本日の入選句は
   「るんるん」  ポジティブにるんるんこれが生きる知恵
            饅頭と酒で宴会るんるんだ
   「カード」    何くそとレッドカードにそっぽ向く
            今もまだテレホンカード持っている
   「結ぶ」     へらへらとして誰とでも手を結ぶ
            やがて着る白装束の縦結び              ほか 

2019年2月 1日 (金)

あすなろへ集合

9時半に常連が集まった。週2回の定期集会である。同級生のY君、T君、I君、N君と僕の5人。N君は以前は殆ど来なかったのだが、最近は必ずといっていいほど来てくれる。全員が病気持ちなので、どうしてもその話で盛り上がってしまう。一番大病をしたのはY君なのだが、関西の同級生の新年会に車で参加したりして一番元気だ。病魔も愛想を尽かして逃げてしまったようだ。彼ら4人のうち3人が「みか月」の会員なので、川柳の話もよく出る。残るN君を誘っているのだがなかなかである。

2019年1月31日 (木)

ヤサホーパークの足湯

20190131_104801

昨日は「まなびや川柳会」の新年句会の日。新年と言っても飲み食いはしない。年に2度不定期に食事会をしているので、それに代えている。インフルが猛威をふるっている最中2名がそのような理由で欠席。それでも17名で部屋は一杯であった。入選句は
    「はくと」折句   半分は苦しまぎれの答弁だ
               ハートには悔いが絡んだトゲがある
    「君」        徘徊を繰り返しても君は君
               ねえ君は僕のお墓に入るかい
    「絞る」       絞りだす声は御上に届かない
               魂を絞って生きた樹木希林       ほか
今朝は、最近日課のようになっている足湯へ出掛けた。天気がいい日は孫を迎えた後で一緒に行く事もあるのだが、今日は雨模様なので朝から行った。これは、ヤサホーパークの頂上から海方面を撮ったもの。左の岬が釣りで有名な長尾鼻で、海岸沿いを国道9号が通っている。温泉街は南側で360度見渡せる。誠にいい眺めだ。足湯に浸かる事20分くらいでジワーッと汗が滲んで来るので、ここで終了。足湯は血巡りが良くなるような実感がある。暫くはこの状況が続くか。



2019年1月24日 (木)

蒜山へ

20190124_125041

今日は天気もよく妻と蒜山へ出掛けた。来月沖縄の文切一家が帰って来る。子供に雪を見せたいとの事。一族で行く事になり今日はその下見で、休暇村蒜山高原にあるキッズスノーパークを目指した。3年前に帰って来た時は大山に行ったが、蒜山の方が大分近い。すいすい走って着いたのだが、この通り雪不足でクローズになっていた。ついでだからとそこの食堂で昼食。だだっ広い食堂で客は我々2人のみ。いまいち盛り上がらない。しかし、週末から雪模様なので期待したい。平地は降らずにそこだけ降ってくれるのが一番有難い。

2019年1月22日 (火)

新しい中央病院

病院の写真は各マスコミで盛んに報道されたので載せない。新築なってから全く初めてであった。お馴染みの「あすなろ」に集まる5人の話題に必ず病気や薬の話が出る。自慢話になる。自然と中央病院の話が出た。既に3人が行っていた。ちょっと肩身が狭い思いだったが、丁度受診の機会があった。確かに立派な建物、立派な設備だった。来診者が迷わないように適切な案内がなされていた。あっち行きこっち行きしたが、それもスムーズ。支払いは自動支払い。この際だからと処方箋のFAXをし、食堂で昼飯も食べた。25日に5人が集まる。話が弾むことだろう。

«みか月新年句会