2018年11月15日 (木)

会社OB会

20181115_112009
国民宿舎「山紫苑」は、永らくみか月大会の会場に使わせて頂いた。県大会をやった事もある。今日は、気高電機(株)OB会で、古株を中心に女性10人男性6人が集まった。僕が退職以来2度目の集まりになる。僕は2期生なのだが、1期生の顔も何人か見えていて懐かしい。しかし、お亡くなりの人も多く、一抹の寂しさが有る。僕が入社したのは昭和45年の事。以来、丁度40年間勤めて退職した。3人の子供を育てて、大過なく過ごす事が出来た。気高電機さんには感謝している。途中からカラオケで盛り上がっていたが、僕はカラオケもお酒も厳禁なので場が持てず、申し訳なかったが途中で辞した。

2018年11月14日 (水)

あすなろへ

20181114_151424_burst01
毎度お馴染みの喫茶「あすなろ」であるが、2時半頃に出掛けた。この時間帯は、カラオケの常連さんが歌っているのだが、歌う為ではない。舞鶴から来て山紫苑に宿泊予定のI.Hさんに会う為である。この人は、最近川柳塔の誌友になってくれたのだが、とにかく愉快な人である。舞鶴から神戸までカラオケの先生の所に通っている。一度聴いて欲しいとの事。好幸さんを誘ってあすなろへ。途中からこい子さんが合流。以前のI.Hさんは、後ろからネジを回さなければいけなかったのだが、今日聴いてびっくり!知らない歌手の知らない歌をずれる事なく歌っておられた。御年80数才にしてこの向上心は凄い。川柳もカラオケも着実に上達中である。僕はカラオケは止めているので、2曲聴いてから帰った。

2018年10月31日 (水)

まなびや川柳会

20181031_111030
鳥取県大会も無事終わって、今日は、まなびや川柳会の定例会の日なので8時25分に自宅出発。20分ほどで着いた。以前にも書いたが、この会は尚徳大学の川柳講座の皆さんが立ち上げた会なので、歴史が浅い。会として発足したのが今年8月の事。会員は15名と小さい会なのだが、とにかく熱心である。今日も全員出席であった。時間は3時間取ってあるので充分の筈だが、選者、脇取りは毎回順番でやっている。従って皆さん初めてなので慣れるまでが大変である。本来は他の会ではあまり見られない勉強会も出来るのだが…。12月の没句大会もお願いしておいた。本日の入選句は4題11句。
 


2018年10月27日 (土)

鳥取県川柳大会

20181027_093426_burst01
朝8時過ぎに米子へ向けて出発した。第42回大会に出席する為。同乗者は小鹿さん、弘子さん、鈴。茶子さんは急用の為キャンセル。スイスイ走って9時40分頃に到着した。会場は米子ビッグシップ。広々としていて、2人掛けなのでゆったりであった。参加者は120名、投句者は36名ということであった。合併後初めての大会だったので、もう少し増えるかと思っていたが、家からも出にくい人が増えて来たのかなとも思う。頑張ったつもりだったが、やっと4句抜けた。4時前に出発して帰宅は5時半頃であった。久し振りに皆さんの顔が見られて良かった。

2018年10月25日 (木)

落ち葉、カメムシ、アジ

20181025_100239_burst01
昨年は、過去最高という位に実をつけた西条柿なのだが、所謂裏年という事か、今年は記憶に無い位の不作だ。昨年は、ご近所の人も何人か採りに来られたのだが、今年は逆に頂く話になっている。ただ、葉っぱだけはしきりに落ちて来る。句集の表題にした木なので愛着があるが、1日2回の掃除にはうんざりである。もう一つのうんざりは「カメムシ」。昨日今日の陽気で外回りに屯している。落ち葉の掃除とカメムシ退治が日課である。
そして今朝は5時半からアジ釣りへ。1時間程居て30匹ほどの釣果。おかずには充分である。あさっては米子で鳥取県大会がある。今から体調を整えてと思っている。
20181025_100808




2018年10月14日 (日)

西日本川柳大会

20181014_090627_burst01 
好天の中、朝7時に弓削に向かって出発。同行は裕さん、小鹿さん、好幸さん。今年は智頭から黒尾峠を越えて行った。すいすい走って9時ちょっとに到着。皆40番代の受付であった。投句を済まして、かねての予定通り、川柳公園に向かった。
20181014_095438_burst06
この句碑は昨年4月に建立していただいた。じっくりとはいかなかったが、鳥取県関係の句碑を中心に見て回った。聞けば、現在315基という事であった。戻って、少し早かったが昼食を食べる事にした。開会は1時。出席人数は発表がなかったので把握できなかったが、例年通りだったと思う。第1部の事前投句の部は全没。第2部に期待していたが、幸いにも4句抜けて8位をいただいた。最後まで見届けて、4時20分頃に出発して、我が家に着いたのが6時半。体調も良くて楽しい一日であった。弓削の皆様有難うございました。




2018年10月 3日 (水)

グリーンカーテンも終わり

20181003_065937_burst01
5月の連休に、グリーンカーテンの目的で植えた諸々がそろそろ終わりになろうとしている。枯れ葉が目立ち始めた。ゴーヤは今だに実をつけているが、種が落ちっぱなしでも芽が出るということなので、試しに植えてみようと思う。パッションフルーツは右上に見えるように、今になって花をつけて来た。去年と同じパターンで10個位ある。但し、熟れない。赤い花ローズジャイアントはしぶとく咲いている。開花期間が長い。一株だけだったので目立たないが、群生すれば見映えがすると思う。
20181003_070243_burst01
台風一過。嘘のように晴れ渡っているが、前の川は見ての通り、中の雑草がなぎ倒されている。流れの幅が広がった。前回よりも水嵩が高かったので、夜中に何度か外を見た。しかし、我が家が浸かるようならおしまいである。
家の前に毎年咲くコスモスが、綺麗になった。暫くは楽しめる。文芸の秋も本格化で一鞭打たねばという気持ちである。



2018年9月20日 (木)

わったいな祭り作品展示

20180920_151555_burst01
午後3時から各団体がトレセンに集合して、展示準備が始まった。焼き物やら書やら写真やらと、かなり作品が嵩張る団体が多いが、その点川柳は持ち込んでフックに掛けるだけなので簡単である。準備といっても短冊に書くだけなので、数分で終わる。押し花の人と話をしたが、準備から完成まで約1か月かかるとの事。大変だなと思うが、その分作品は素晴らしい。各団体とも力作が揃っている。展示は明日から23日午後4時まで。22日は舞台発表がある。

2018年9月 9日 (日)

みか月9月例会

朝からきつい雨が降っている。県内各地に避難準備が出ている中での例会であった。今日はいつになく参加者が少なかった。理由は色々だが、列車関係、イベント関係が有ったようだ。鳥の劇場祭が始まって町内各地でイベントがあり、川柳教室でお馴染みの勝谷公民館横の体育館でも、ダンスの発表会が有ったようだ。町内の個人宅で週末だけの店も開いて町ぐるみのイベントになる。ただ今日は、この豪雨で人出は寂しいものになったようだ。
例会は、席題があった割にはいつもより早く終わった。入選句は
  「目薬」    目薬を注して余生を穏やかに
          目薬を入れても二重にはならぬ
  「うまい」   風呂敷はうまく包んで治めます
           うまい話で渋柿を食わされた
  「悲鳴」    年寄りの悲鳴臨場感がある
           家計簿の悲鳴はあくまでも隠す        ほか
          

2018年9月 4日 (火)

人生初めて見たへび種

本日午前9時45分頃、鳥取文芸の選評を考えていた時、「ギャー!」という妻のけたたましい悲鳴。何事かと行って見ると「へびがいる!」と叫んだので、外を見ると確かに前の水路の石段の上からこっちを見ている。マムシでも平気で退治するのだが、いつもより大きいしめずらしい模様だったので少しびびった。石を数個投げたら割れ目に逃げ込んでしまった。気になったのでネットで調べたら、「シロマダラ」という種類にピッタリ。シマウマのような模様が輪切りのようについている。これを見るのは人生初だと思う。写真は載せない。

«パソコン譲渡会