2018年5月18日 (金)

勝谷公民館川柳

292
 今日は恒例の勝谷公民館川柳の日。今は田植えの真っ最中なので、出足を心配したが、1名が同級生の葬儀参列の為欠席の他は、ほぼいつものメンバーが集まった。いつもの事だが、この会は面白い。地元の方も熱心に作句に励んでおられる。前館長の一言で始まってから6年目。もっと多くの人に参加してもらえたらと思う。

2018年5月14日 (月)

五月晴れの諸々

298
 五月晴れとはいかず肌寒い中、今年2回目の釣りに出掛けた。1回目はアジの1本釣りで、25㎝クラスが11匹連れて幸先が良かった。今回はスズキ狙い。しかし、2時間程粘ったがボウズであった。そううまくは行かぬ。
 畑にはいつものトマト、ピーマン、ナス、キュウリ。そして緑のカーテンとして、ゴーヤとパッションフルーツを植えた。今年は業者から取り寄せたイチゴとトマトを追加した。陽気が良くなって何かと忙しくなってきた。18日は公民館川柳もある。
299




2018年4月27日 (金)

開校記念式

008
 今日は鹿野学園の開校記念式の日。今年は忙しい。入学舎式が二つあり、そして今日。開校式というのは僕も初めての経験であった。この写真は開式10分前の様子で、1年生から9年生まで245名が揃っている。右側に教職員、左側に来賓、この後ろに我々招待者がズラリ。体育館一杯であった。式典の最後は校歌斉唱で閉式になった。新しい校歌は、旧中学校校歌とほぼ一緒。僅かに3番の最後「鹿野中学」が「鹿野学園」になっただけ。公募しようとしたのだが、あまりにいい歌なので残そうという事になったようだ。僕としては有難い。6月に川柳授業をする事になっている。

2018年4月22日 (日)

うぶみ川柳会

 本当にいい天気だ。気分よくうぶみの月例会に出掛けた。「違う」の選を仰せつかった。ほぼいつものメンバーが揃って賑やかに進行。沖縄の文切は今日は佐賀県。大会の選者に指名されたとの事。親子で川柳もいいか。
 本日の入選句は
  「若」    誤嚥する日々現実は若くない
  「ハハハ」 悔しさが滲むがとりあえずハハハ
  「卯月」   卯月だと言うに擬態のままである               ほか
 明日はかなり冷え込むようで体調維持に苦労する。

2018年4月18日 (水)

春の陽気

013
 忙しさも一段落して、陽気もいいのでその辺をぶらぶら。鹿野温泉公園の八重桜も、満開は過ぎたがまだ見える。ここはマイナーな場所なので余り話題にならないが、勿体ないと思う。池には鯉も泳いでいる。                           
004
 続いて谷奥の田圃へ。2年間作ったが、水は冷たい、日当たりは悪い、イノシシは出ると、最悪の条件だったが案の定6俵も取れないくらいで、去年から止めている。真ん中の水路も埋まってしまっている。再生不可能。
008
 ふと、こしあぶらの事が頭に浮かんだ。食べられる野草の中では王様格。挿し木で増やせないかと思い、野草に詳しい同級生のN君に電話したら、うちの山に有るから採りに来いとの事で、早速1本掘らせてもらい畑に植えた。1年後が楽しみである。







2018年4月15日 (日)

鹿野祭りを見る会

013
 今日は2年に1度の鹿野祭りの日。ただ、昨日の午後から強烈な風が吹き、雨も混じっていた。その為、予定されていた花火は中止になった。今日も風は止んだが、朝から雨模様。それでも会の集合時間の1時前には曇り空になったが、とにかく寒い。見る会というのは同級生の有志。大半は関西からで関東、九州からも来ていた。写真は4基ある山車の1基。屋根の若衆が電柱を押したりして進路を調整する。
008
 これは幟差し(武者行列)。知らずに横切ると青竹でばらかれる。(というきまりになっている。)このほか、榊、獅子舞、神輿も出て賑やかい。5月19日午後2時に山陰中央TVで放映される。
 有志の懇親会は午後4時から山紫苑で20人の出席。今度は関東でやろうとか、同窓会をやろうとか相変わらず賑やかい。遠路組は1泊して帰る。




2018年4月 9日 (月)

第1回入学舎式

238
 今朝も肌寒い曇り空。そんな中、鹿野学園の第1回入学舎式に参列した。場所は旧鹿野中学校の体育館。施設分離型の義務教育学校(5・4制)となったので、今日入学したのは7年生22名と6年生37名の2学年。在校生歓迎のことば、新入生2人の誓いのことばがあり、3人共原稿なしで堂々と喋っていた。最近の僕はちょっとした挨拶を覚えるのも四苦八苦している。素晴らしい事だ。緊張した顔が初々しい。「純だった学芸会に戻りたい」以前作った句を思い出した。教職員は約1キロ離れている2つの学舎を、行ったり来たりという事になる。それだけでも大変な事だと思う。6月に王舎城学舎で川柳教室が予定されている。何となく楽しみである。

2018年4月 8日 (日)

中園子供榊

010_2
 今日は集落の春祭りの日。朝から生憎の天気で雨こそ降らないが風も強い。それでも神事が始まる12時頃には、陽ものぞき風も止んだが気温が上がらず肌寒い。地の子供は少ないのだが、親戚の子も集まって来て結構賑やかい。全戸を回るので時間が掛かるが、所々で飲食のもてなしを受けながらゆっくり回る。2時間半位か。トラブルが一つ。去年は異常が無かった太鼓の皮が、縁に沿って丸く破れていた。購入してから30年以上経つので仕方がないかと思う。昔は僕も子供達を先導して回っていたのだが、今は家で迎えるだけである。
004_3





2018年4月 1日 (日)

4月例会

019
 お堀端の桜も満開で絶好の花見日和という所。そんな中ほぼ常連の参加で賑やかに始まった。趣味多彩という人もいて不参加も何人か。例によって同級生3人組が揃ったので楽しくなった。蘭幸主幹から「ひるまえ直送便」川柳の応募要項が届いたので、参加者の皆さんにお願いしておいた。完司理事長も持ってきておられたので配って頂いた。このコーナーは人気があるのでテレビ放送の継続が決まったようだ。みなさんで盛り上げたい。今日の入選句は
   「甘い」  この歳に甘い言葉はもう効かぬ
   「射る」  的を射るほどには息が無い吹き矢
   「将棋」  雪隠に詰められプライドが消えた
   「青春」  呼び水をして青春を引き戻す           ほか

2018年3月25日 (日)

うぶみ川柳会&選挙

このところの好天は気持ちがいい。昨日の池田家墓所フォト575表彰式もそんな天気の中で行われた。場所はとりぎん文化会館のホール。写真部門とフォト575部門があるのだが、このイベント自体が余り広まっていない。毎年常連の応募が多い。
013
 これはフォト575部門の最優秀の作品で、自分が写真を撮って句も自分で作る。ちょっと分かりにくいのだが、「インスタ映えするといわれて亀趺笑う」
というもの。亀趺というのは想像上の動物なのだが、簡単に言えば亀のようなもの。代々の藩主の墓を背負っていて皆表情が違う。この作品は句が光った。もっと墓所の事を知ってもらって沢山応募してもらえればと思う。
 今日のうぶみ月例会に行ったら、投票所になっていた。そういえば鳥取市長選の日だった。昨年12月にまなびやの皆さんと参加して以来となる。今日はまなびやから2人の参加があった。もっと交流が増えればいいなと思う。
 今日の入選句は
    「 集 」  御上には有象無象にしか見えぬ
    「うっとり」 念仏を聴くとうっとりしてしまう
    「捲る」   力瘤出ぬがひとまず腕捲る
    「得意」   ご案内しましょう裏道は得意       ほか
 帰宅してから投票所へ。善良な市民なので投票は欠かさない。30秒で終わった。

«巣立ち式